輝いた愛に溢れる本当の自分を取り戻す方法 〜優しい魔法の解き方〜

迷子になりながらも本当の自分へ戻っていく過程を書いていきます

転生物語⭐︎本当の私への道のり2

 

こんにちはtomokoです。

今日は、転生物語の2を書いていきます。

自分に向いているものや、本当にやりたいこと、楽しめることが

よくわからない時期が何年も続き、やっと目標が見つかったその夢は

本当に望んでいるものではなかった😓

ということが人生で何度も起きました。

本気で自分と向き合ったのが4年前。

それからいろんな方の本を読み、セッションに行き、講座を受け、

少しつづ自分に近づいて行ってます。

同じように悩んでいる方の参考になればと思い、書いています^^

1を読まれてない方は是非読んでみて下さいね。

 

こんにちはtomokoです。 ブログをゆるく始めて一年くらいになります。 ここで私について書いてみようと思います。 どうしてこのような絵を描くようになったのか どうしてインナーチャイルドの癒しをやっているのか など 年齢で分けて解明していきたいと思います^^ 私は生まれた時からずっと生きづらさを感じており、

転生物語⭐︎本当の私への道のり1 - tomoko-sin’s diary

 6歳になり保育所というところにいきなり入れられました。

子供にとっては本当にいきなりという感じです。

それまで、家にずっといて母の側にいられたのに、いきなり車に乗せられて

置いて行かれた。そんな衝撃的な保育所デビューでした。

私は、家族以外の人間がいる場所が初めてで、

気が動転し1日中泣いて過ごしていたそうです。もちろん友達もできないし、

毎日親が迎えて来てくれる時間を泣いて過ごす

という毎日を送ることになります。

小学校に入ると、泣くということはなかったものの、

学校生活にはずっと慣れることはなかったように思います。

うちに帰れば、両親は厳しく、おもちゃもあまり買ってもらえないし、

テレビも見てもいい時間は決まっていました。

父はとても厳しくて怖いので、父の帰って来る足音にいつも怯えてました。

救われたのは、うちの周りが自然がいっぱいで川で遊んだり、山を探検したり、

自転車でブラブラしたり、いとこの男の子や弟とよく遊んでいたことでした。

ただ母は私より弟の方を可愛がっていたし、

甘かったので、ちょっと意地の悪いお姉ちゃんだったと思います(笑)

母や父の口癖は「お姉ちゃんなのに・・・」です😅

長女である方はよくおわかりだと思いますが、本当にお姉ちゃんって損!!

って思ってましたね^^

我慢することばかりで、なんでも反対されていました。

 

この時期に出来上がってしまったマインドセットはこれです。

私の願いは届かない。だから私は何も何も望んではいけない。

お姉ちゃんなんだから、しっかりしなくてはならない。

私は誰も声をかけてもらえない。

どうせ無視される。

 

こんな感じにインナーチャイルドが傷つき、

ネガティブな思い込みが出来上がってしまいました。

この時期にできたマインドを持ったまま大人になると

充分かまってもらっていないので、大人になってかまってちゃんな大人になります^^;

周りにもいませんか?以上に褒めてもらいたい人。自慢話しをしてくる人。

恋人や宗教に依存しやすい方もこの時期に作られます。

自分の夢がわからない。

本当の自分が望んでいない夢を追いかけてしまうこともあります。

年上に異常に厳しい

他人の目が異常に気になる

 

このようなことが起きますので、思い当たる方は以下のことをしてみてください。

まず。思い込みを全てひっくり返します。

私は皆んなに愛されている

私はなんでも望んでいい

お姉ちゃんだからといって しっかりしなくていい。自由にしていい。

私は、皆んなに必要とされている

何度も何度も自分の胸に手を当てて毎日言ってあげます。

両親にこの時期寂しかったんだよ と言える方は訴えてみてください。

私は今でもネチネチと母の前で言ってます(笑)

そして前回もしましたが、寝る前に小さな自分の抱きしめるようにして

眠ります。「大丈夫大丈夫 いい子だったね・・」

これをやっていると、ふわーっと幸せな気分になりますよ^^

是非やってみてくださいね💕

 

今日はここまでにしますね。

最後まで読んでいただき、感謝です。

ありがとうございました。

 

https://www.instagram.com/p/B64uuqnndTx/

ミラクルな雲発見❣️彩雲の一種かな。。🌈 

 これをみた人みんな幸せになるよ!