輝いた愛に溢れる本当の自分を取り戻す方法 〜優しい魔法の解き方〜

迷子になりながらも本当の自分へ戻っていく過程を書いていきます

転生物語⭐︎本当の私への道のり4小学校高学年編

こんにちは、tomokoです。

今日は、小学校高学年頃の私について書いていきたいと思います。

小学生の頃の私は、学校が本当に嫌いで、宿題も真面目にやらないし、

お友達ともうまく遊べないし、人に影響されやすい子供でした。

なんだか、毎日つまらないし、子供らしく何かに夢中になった。。。

と言う記憶があまりない。という感じでした^^;

一番今でも忘れられない衝撃的な出来事は、

ずっと大切にしていたパンダのぬいぐるみを、母が燃えている焼却炉の中に、

私の目の前で放り投げた@@ ことです(泣)

もうボロボロになって、あちこち補正してもらって、それでも綿が

はみ出てて、今思えば限界な状態でした。

でもでも、当時の私にとって、とても大切にしていた相棒でした。

焼かないで!捨てないで!と涙で訴えてもダメでした。

その時から親への不信感がどんどん大きくなっていくきっかけになってしまいました。

インナーチャイルドが一番傷ついた瞬間でもあります。

同じような経験をされた方も多いと思います。

大切なものを捨てられてしまうという経験をすると、

  • 私の大切なもの(人)はいつかいなくなってしまう
  • 私はいつもひとりぼっち
  • 誰も私の話は聞いてくれない

このようなマインドセットが作られてしまいます。

このまま大人になると・・・・

  • 恋人ができても、この人はいつか私の前からいなくなる
  • 友達に対しては、この子がいつか私を裏切る
  • まだ来てもない未来のことばかり気になり不安になる
  • 周りの人が敵に見えてしまう
  • 怒りをずっと溜め込んでしまい、何をしても不満が残る

こんな感じにずっとなんだか不安定な状態になってしまいます。

この状態を抜け出すには、また同じように癒していきますね。

 

まず、悲しかった出来事をどうだったら私が納得し幸せだったか

ということを考えてみます。

私の場合は、もうボロボロだから捨てるねと母に言われた時

「ダメ!大切な友達なんだから捨てないで!」と訴えます。

すると母は「そうなんだ、わかった!そんなに大切だったんだね。捨てないから

安心してね」と 優しい声でなでなでしてくれる。

こうだったらとってもよかったし安心すると思います。

このイメージを自分が納得するまで繰り返します。

そして、涙が出たり、幸せな気分になったらもう大丈夫です。

後日、この出来事を思い出して、心がまたズキッとしたら、

また繰り返してやっていきます。

傷ついたインナーチャイルドは、完全に消えることはないのですが、

最初に感じた感情よりも、だんだん軽くなってきて、前向きに

生きれるようになってきます。必ずそうなります^^

今日はここまで💕

ありがとうございました。

 

https://www.instagram.com/p/B6SR0USnpgk/

誰もわかってくれない と思ったこと沢山あったと思います。でも、これからは同じ苦しみを経験することは もう無い と決めること。とても大事です💜