輝いた愛に溢れる本当の自分を取り戻す方法 〜優しい魔法の解き方〜

迷子になりながらも本当の自分へ戻っていく過程を書いていきます

赤ちゃんはNICUへ

こんにちは

子供達の休校が5月も続くこととなり

我が家では後一ヶ月どう過ごすか模索中です。

みなさまはどう過ごされてますか?

 

本日は今6歳で小学一年生の娘の出産の時の話をしたいと思います。

下の子である娘は私が43歳の時に産みました。

この話は以前したと思うのですが

娘は妊娠中の時から色々あって^^;

 

妊娠五ヶ月の時に切迫早産で即入院(;_;)

そして24時間点滴という過酷な入院生活を余儀なくされました。

命があっただけでありがたいとは思いましたが、とても辛かったです。

トイレもお風呂も点滴の針を刺したまま入ります。

お風呂は立って入れないので、看護士さんに付き添ってもらいます。

そんな生活を二ヶ月半続けました。

 

そして無事2800gで生まれてくれました。

生まれてから、一晩たって血液検査の結果が悪く

NICU(新生児集中治療室)へ 運ばれました。

まさに!天国から地獄です^^;

 

肝機能の異常で胆汁うっ滞という症状ですと説明されました。

その原因を調べるためにいろんな検査をしました。

血液検査は毎日。小さな手に針をさすのです。

レントゲンも再々。

もう放射能だらけ。

産後の私の精神状態は最悪。

 

ミルクを飲ませても胃で消化されていないことがわかり、

鼻から直接管を通して少しづつお腹に入れていきました。

そしてカテーテルで栄養の投入。

痛々しいです。

 

退院した私は、1日二回母乳を持って病院に通いました。

そんな生活が一ヶ月続いた頃

娘はなんとミルクアレルギーだったってことがわかりました。

ルクアレルギー!!!

なのにずっとミルクを与えていた???

なんでわからなかったのか???

と先生に訴えましたが、肝臓にそもそも症状が出ることがだったようで

先生たちも驚いていました。

普通ミルクアレルギーだと、ブツブツが出たり、吐いたりするそうなんですが、

娘は時々吐くこともあったようですが、一応ミルクを飲めていたので

誰もアレルギーだとは気がつかなかったのです。

確かに赤ちゃんはよく吐きますが・・・・

いろんなことを思ってしまいましたが、

とにかく主治医の先生がすごく頑張って調べていてくれたのが

よくわかっていたので、どんなことがあったにせよ

原因がわかったのと、元気に体重も増え始めたことが嬉しくてたまりませんでした^^

 

これからの医療の発展のために娘のデータを使ってくださいと

先生にはお願いしました。

 

この頃の私は、感情のコントロールをすればいい方向へ行く

という法則を知らなかったので(^_^;)

どっぷり現実にはまってしまい。体調も心も最悪で

主人と毎日のように喧嘩していました〜(笑)

 

どんな状況にあっても、

自分が喜むことを選択してくださいね

こんな状況なのに・・・なんで思わなくて大丈夫です。

楽しむことはできなくても 

リラックスして深呼吸 はできますよね。

深呼吸だけて充分です。

体に深い呼吸が入ると心が本来の自分に戻れ、

ポジティブなエネルギーが流れ始めます。

私はやっていなかったので、喧嘩してましたけど・・・^^;

それも意味がある経験だったと思っています。

みなさんには、いつも幸せを引き寄せて欲しいと願っています⭐️

 

いつでも深呼吸❤️

本日もありがとうございました。

 

https://www.instagram.com/p/B_TxnEsHoPj/

@tomoko.sin on Instagram: “私はここを選んで産まれる