輝いた愛に溢れる本当の自分を取り戻す方法 〜優しい魔法の解き方〜

迷子になりながらも本当の自分へ戻っていく過程を書いていきます

悪は本当に悪か 

こんにちは

 

気分が落ち込みがちな季節ですが、朝イチばんの言葉は幸せな言葉を意識してくださいね。

「今日もいいことあるぞ」「何て幸せな日なんだ」とかね😋

 

https://www.instagram.com/p/CCW2chrnQEP/

久しぶりの太陽☀️☀️☀️#やっと晴れた☀️

 

私たちは世の中に起きている事件や事故、ネガティブな現実は全て悪と思いがちですが

実は全て天界からの愛であることをわかりやすく教えてくれる映画をシェアします。

映画アメイジングジャーニー神の小屋」
キリスト教の教えを前提に描いた物語で、とてもスピリチュアルな世界観。

大まかなあらすじは。幼い頃父親の暴力に悩み苦しみ、母を守るために父親の酒ビンに毒を盛って殺害してしまった過去のあるマックが主人公。
数年たち、三人の子供達と妻と幸せに暮らしているが自体は一変。
天使のような可愛い末っ子ミッシーが誘拐され なんと殺害されてしまう衝撃😨 
家族関係もギクシャクし始めどん底
それから怪しい手紙が家に届く。そこには殺害されたとされる山小屋へ来いと書かれている。マックは犯人に復讐できると期待し銃をもって一人で向かう。
しかしそこには、神 キリスト 精霊が待っていた。🌟
「なぜ神なら ずっと見ていたなら 知っていたなら止めなかったんだ!」
(ごもっともと思った私^^;)
と攻め立てるマックを神たちは、優しく「なぜか」を導きます。


結論🌼
ずっと父親を殺害してしまったことへの罪悪感 
ずっと自分や他人をジャッジしていたことから
「もうそれはやめなさい」の神からの愛だった
ということだと私は理解しました。
つまり、ずっと抱えていた罪の意識によって
自分は裁かれる存在なんだ。そして罪を起こす人間は裁かれて当然なんだ。
と潜在意識の中ではセットされてしまっていました。
天使のようなミッシーはそれを父に教えるために生まれてきて、殺害される役割をしただけ。
(もうちょっと優しい方法で教えてよって突っ込みたくなる)
ミッシーは天界で幸せに暮らしていて、
マックの父親も登場し、ありがとう悪かったと言っていました。もう罪悪感は捨てて楽しめと。
そして、神や精霊、キリストは、これからも姿は見えないけれどずっと見守っているし愛してると言っていました。

それからマックは目覚め、自分を含め全てを赦すということを理解し、とても光溢れ幸せな生活に戻って行きました。

世の中の悪は全て、神からの愛で一人一人の課題であり、いちいち私たちが反応することでもないのかなと思い始めた映画でした。
もし自分の娘が・・・と思うとやっぱり怖いけど、そこを想像する必要もないし、大きな罪悪感を捨てていればやってくることもない。
そんなことを教えてくれた映画でした。

幼い頃の怖かった経験は大人になっても残っていて、いろんなサインを
ネガティブに受け取ってしまう。そしてネガティブなことを引き寄せてしまう。
せっかく願いを宇宙にオーダーしても「あー私ってやっぱりダメね」って言ってしまったら。オーダーはストップされ
宇宙は忠実に「はい!わかりました。ダメなんですね〜」とダメなことを引き寄せる
あーだめ無理って思ったら「できる!」に言い換えましょう
 
あなたの周りで起きている現実は全てあなたが引き寄せていて
心の状態を教えてくれています。
 
罪悪感 恐れ ジャッジ もう手放そう💙


気になった方はぜひ見てみてね。
アマゾンプライムで見れるよ💕


9/9(土)公開『アメイジング・ジャーニー 神の小屋より』予告編