輝いた愛に溢れる本当の自分を取り戻す方法 〜優しい魔法の解き方〜

迷子になりながらも本当の自分へ戻っていく過程を書いていきます

トラウマに向き合うこと

こんにちはtomoko.sinです。

いつもありがとうございます。

昨日に引き続き

「のだめカンタービレ」を見て にお付き合いくださいませ^^

 

このドラマを見て、やっぱり思ったこと

人生に無駄なことは何もない

 

作品の中にも出てくる言葉ですが

千秋は飛行機がこわくて外国に行けないので

しばらく日本にとどまっています。

千秋は幼い頃から外国で暮らしていて

日本の空気が合わないので、嫌気がさしていました。

 

一方、のだめはピアノの先生になりたいので

ピアニストになるつもりはなかった。

ですが、千秋と出会って、自分も追いつきたくて

ピアニストを目指し始めます。(のだめは幼頃に厳しい先生にしごかれていたため

ピアニストになることを避けていました)

 

プロを目指すには、音楽のことをもっと知らなければなりません

辛いこともたくさん乗り換えて行く物語なのですが、

 

のだめが幼稚園の先生になったとしたら

千秋があっさり外国に行っていたら

二人は出会うことがありませんでした。

 

どんなトラウマもネガティブな出来事も成長していく上で

必ず必要なことということです。

 

そして、そのトラウマに目をつむることなく、乗り越えて行くこと

その乗り越えることが人生の使命でもあります。

 

私のトラウマは、人前に出ることかなと思います。

怖いのです。

 

一歩一歩前へ進んでいこうと思います。

今その訓練で毎日ブログを書くということもしています^^

 

本日もありがとうございました✨