転生物語 〜本当の私への道のり〜

自分を癒しながら本当の自分へ戻っていく過程を書いていきます

あなたの得意なものの見つけ方

こんばんは、tomoko.sinです。

 

今回は

得意なモチーフの見つけ方

 

絵を描くと知っても、何を描くのか?

 

モチーフがたくさんありますね

 

人物の中でも

全体像

 

 

そして

花や植物

動物

 

背景が得意な人もいます

 

私は絵を描き始めた時

全部描ける人にならないといけない と思っていました(^^;;

 

自分の得意なところを見ようともせず

 

何か資料を見ながら描いていました

画風も

自分の中のものを模索しようとしませんでした。

 

ただそこらじゅうにあるものをデッサンして

いろんな人の画集を見て

当てはめる感じで描いていました。

 

何か得意なものを見つけるには

私のようなやり方ではダメです^^;

 

子供の頃に好きだったこと

夢中でやっていたこと

妙に気になるもの

ドキンとするもの

嫌なもの

 

練習しなくとも ある程度できるもの

 

歌を歌うにしても

どんなジャンルが自分に合っているのか

声や歌い方に合っているものではないと

自分が苦しいです。

 

私も、人の絵を見て当てはめて描いていたので

苦しくて、全く楽しくありませんでした。

 

何となく、ずっと描いていると

私は顔が得意なんだろうなと気づき始めました。

 

顔がアップの絵を褒められることが多かったからです。

 

買ってくださってたのも動物の顔アップの絵が多かったです。

 

以前のブログにも書いていますが

何かおかしいと思って

ある画家の先生のところで、コーチングを受けたことをきっかけに

今の画風に行き着いています。

 

そして、

 

自分の得意なものを見つけたら

作るための材料が、自分に何もかも合っているもの

見るける作業が必要です

 

何かを作る場合は

 

素材

画材

服の生地

紙質

歌のジャンル

歌詞の内容

 

私の場合は

筆や紙 硯 墨 絵の具

 

すべて触っていて 心地いいもの を使っています。

 

手が疲れないもの

 

安心できるもの

 

肌に触れても心地いいもの

 

天然の素材で作られたもの

 

自分が身近に使っているもの

周りにあるもの

 

絵を描く場合は

見たこと 触ったことがあるもの 好きなもの 身近なもの

 

天使アートを描かせていただいた時も

実際お会いしたことのある方と

オンラインで一度お話ししたことある方だと

 

描く時間が変わってきます。

 

実際にお会いしたことのある方のほうが

早く描けます。

 

ですので

 

自分の得意なこと

好きなこと

好きなもの

やりたいことっていうのは

 

案外身近に転がっています。

 

周りを見渡してみてくださいね

 

いつもここだよって 視線を送っていると思います。

 

そして

 

見つかったら

 

繰り返し、毎日コツコツと作る 行動すること

 

とても大事です。

 

ハープのレッスンをしている今も思うことですが

 

本当に 継続は力なり

 

なんですよね

 

発表会に出るので(笑)

毎日練習しています。

 

すると・・・

 

音が変わってくる

 

体が勝手に動き出す

 

そんな感じになってきています。

 

絵も毎日描いていると画風がどんどん変わってきます。

私のインスタは画風を変えた3年前から始めました。

 

最初の頃はひどかったなアーーーーー^^;

 

と突っ込みたくなりますが

 

毎日描いていて 今のような感じになってきました

どんどん余計なものが削ぎ落とされていきました。

得意じゃないモチーフを 無理に描こうとすることをやめました。

 

個性が出始めました。抽象画のような人物画になってきました^^

 

ここからまた毎日描いていくとどうなるのか

 

やってみようと思っています。

 

今ちょっとお休み中です^^

 

ハープとブログに集中です^^

 

毎日コツコツと

 

やっぱりこれからの時代も

 

ここは大切じゃないかなあと思います。

 

変わりますから いい具合に^^

 

面白いですよ

 

明日はどんな日しますか?

ワクワクして眠ってくださいね💕

 

ではでは

 

本日もありがとうございました✨✨✨

 

 

インスタもフォローしてね💕

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by tomoko.sin (@tomoko.sin)