輝いた愛に溢れる本当の自分を取り戻す方法 〜優しい魔法の解き方〜

迷子になりながらも本当の自分へ戻っていく過程を書いていきます

一番の至福の時を思い出す

こんにちは、tomoko.sinです。

今日は長男小学校6年生のお誕生日でした。

 

12歳になりました。

お友達にお母さん12歳だねって言われました^^

 

あッ私もお母さん12年になるんだって思って感動しました✨

 

12年前

 

私は39歳です。

39歳で初産です、かなりの高齢出産ですね

 

そして下の子はさらに43歳で産みました^^;

 

子供は当たり前ですけど、産んでからがキツいです

可愛い反面 しんどいです。

 

上のお兄ちゃんは

3964gと大きな赤ちゃんでした。

 

私は出血が多く、出産後は貧血に悩まされました。

 

それでも、容赦なく続く子育て

ゆっくり寝てる暇もありません。

 

しまったと思っても後戻りできません^^;

 

沐浴の仕方

母乳マッサージ

授乳

ミルク作り

 

と、それまでのんびり過ごしていたのが嘘のようでした。

 

でも、長男が生まれた時が、人生で一番至福の時でした。

 

それまでは流産も経験し、

 

妊娠して生まれるまでが 奇跡 だし

この年で無事生まれてきたのも 奇跡 です。

 

この至福の時を時々思い出すようにしています。

 

 

 

一番の至福の時間をくれた長男が

 

私の今の一番の悩みの種です^^;

 

今日もお兄ちゃんは 学校に行っていません^^;

 

あーこのまま不登校まっしぐらなのかしらーっと思いながら

 

見守っています。

 

元気でいてくれれば それでいい

 

とは また完全におもいきれていません。

 

彼にとって何が一番いいのか

 

親が考えることではないのは わかっていながら

 

頭でごちゃごちゃ考えています。

 

下の子が生まれた時

 

お兄ちゃんには 絶対寂しい思いをさせないぞって

思っていました。

 

私が小さい時 弟が生まれて かなり寂しい思いをしたからです。

 

おねえちゃんなんだから・・・・の言葉が大っ嫌いでした。

 

ですから、長男には お兄ちゃんなんだから・・・はいっていません。

 

でも、やっぱり潜在的に寂しい思いが、潜んでるなあと感じます。

 

ごめんね・・・・

 

あんなに誓ったのにね。

 

まだまだ甘えることもあって、可愛いらしいところがたくさんあります。

 

私も主人も

口下手で、元気づけるとか 笑わすとか が下手なんですよ。

 つい照れてしまう(笑)

 

その口下手な主人に当時は私はかなり不満でした(笑)

 

だって、大変だね 大丈夫?の一言もないんですから😂

 

今では、見えないところで私をちゃんと理解してくれていたとわかっています。

 

わかってほしいと思ってばかりいた私

主人も同じだったんですよ

仕事の大変さ なんて 私はわかっていませんでした。

 

だから 当時は喧嘩ばかり。

 

インナーチャイルドが傷ついたままの結婚 出産は

喧嘩が絶えません。

 

子育ては、どうしても自分のことが後回しになります。

 

でも、なるべく

 

休息を心がけてください

 

思い切って、助けを呼んでください

 

私は、姑には頼りたくないし

実家は遠かったしで

ほぼ一人で子育てしてきました。

 

1日中泣いている我が子をどうしたらいいかわからず

泣いていました。

イライラしていました。

 

今小さなお子さんを抱えている方は

街のサポートなどに思い切って

頼ってみるといいと思います。

 

私も、もっと頼っていれば、余裕のある子育てができたのではと思います。

 

でも、後悔はしていません

 

いつでも、今を楽しむことができるから

 

今 とても幸せだから

 

あなたが 何を選択しても、人生は幸せの道を歩いています。

 

何があっても 幸せしかないと思い込んでください

 

応援しています。

 

これからもっと楽しんでいけたらなあと思います^^

 

 

 

 

ではでは

 

両手をあげましょう(笑)

 

ハイタッチ!!!!

 

本日もありがとうございました!

 

お誕生日の報告でした💕

 

ありがとう✨✨