輝いた愛に溢れる本当の自分を取り戻す方法 〜優しい魔法の解き方〜

迷子になりながらも本当の自分へ戻っていく過程を書いていきます

「偉い人にならなくってもいい、泣いている人がいたら抱きしめられる人になりなさい」

こんにちは、tomoko.sinです。

今日はお天気が良くて気持ちが良い朝です。

 

今日は映画「糸」を見た感想を書きます。

eiga.com

1998年にリリースされた中島みゆきのヒット曲「糸」をモチーフに、菅田将暉、小松菜奈演じる平成元年に生まれた男女の18年間を生活者からの視点から見た平成史とともに描いていく、瀬々敬久監督作品。平成元年生まれの高橋漣と園田葵。北海道で育ち、13歳の時に出会った2人は初めての恋をするが、葵は母親に連れられて北海道を去ってしまう。8年後、21歳になった漣は、友人の結婚式のため訪れた東京で葵との再会を果たす。しかし、漣は北海道でチーズ職人、葵は東京、沖縄へと自分の世界を広げ、2人は別の人生を歩み始めていた。さらに10年の時が流れた平成最後の年、2人は運命の糸によってふたたびめぐり会うこととなる。漣役の菅田、葵役の小松のほか、斎藤工、榮倉奈々、山本美月、倍賞美津子、成田凌、二階堂ふみ、高杉真宙らが顔をそろえる。

 

強烈に印象に残った言葉がありました。

 

榮倉奈々さんが娘に言う言葉

「偉い人にならなくってもいい、泣いている人がいたら抱きしめられる人になりなさい」

 

言葉だけ聞いて、強烈に涙が溢れてきたことは 初めての経験でした。

 

ずっと、

かっこいい人 よく思われたい おしゃれな人 可愛い人 優しい人

賢い人 できる人 稼げる人・・・・・

 

人から見て 良いとされる人に なろうと必死に自分を演じてきました。

 

私の名前は「智子」と書きます。

 

智子とは、どうしてつけたのか と小学5年生くらいの時 親に聞くようにと

宿題を出されたことを 今でも覚えています。

 

名付けの親の思いを感想に書きなさいという宿題です。

 

智子とは賢い人になって欲しいと つけた と言っていました。

 

おそらく幼頃の私は 「賢い人に私は成らなければならないんだ」

 

とマインドにセットされたのだと思います。

 

人からどう思われるか 常に意識しろ

 

周りに合わせろ

 

和を乱すな

 

学校でも 家でも そんな軍隊みたいな教育でした。

 

宗教に入っていた時も「この人ならと思ってもらえるような行動をしなさい」

といつも 言われていました^^;

 

ほとんどの方は、一度は言われたことがあるかと思います。

 

 

そして、賢い人になれない 学校の勉強ができない

 

運動会ではどんくさい など

 

うまくできないことだらけに 見えて

 

劣等感の塊だったんですね^^;

 

だから、ずっと賢い人に慣れていない私は ダメなやつ

 

みたいなマインドがずっと長年支配していたことに

 

勝手に私が言葉を受け止めて マインドセットしていました。

 

あたらめて昨日の映画の、ほんの一言で気がつきました。

 

ハイヤーセルフやガイドたちが見せてくれたんだと思います。

 

そうやってリラックスすることを 許可していくと

 

自分へのメッセージがいろんなところから やってきます。

 

何かきになる映画や音楽は特にメッセージ性が強いです。

 

昨日の「偉い人にならなくっていい」

 

体全体の力が抜け落ちる感覚がありました。

 

大きな自分の中のマインドセットが ガラガラと崩れた感じです。

 

あなたも、何か無理して演じていることはありませんか?

 

今一度 無理していないか 自分に聞いてみてくださいね。

 

私無理してない?本当にこうしたいの? 本当はどうしたいの?

 

常に聞いてみるといいです。

 

そして、今は とても幸せで、仕事の成功とか なくっても

 

もう私は幸せなんだから 何でもいい どうでもいい っていう風に思えています。

 

ただ目の前に 楽しいことがあればそれでいい

 

ただ 今この瞬間これを楽しめばいい

 

ゆっくりでいい

 

休んでもいい

 

寝てもいい

 

食べなくってもいい

 

そんな感じで とことん抵抗を外してください。

 

ほんの10分でも 30分でも フッーーと力を抜いてみるだけでも

いいですよ。

「何したっていい どうでもいい 私はこのままでいい・・・」

 

その先にあるものは、考えなくて大丈夫です。

 

もう 幸せなのだから^^

 

 

では本日の希望日記21日目✨

お兄ちゃんが傘をバスの中で忘れたことを黙っている(汗)

お友達から聞いたので知ってしまったのです)笑

そのことをいつもだったらガミガミ言うところだけど・・

笑顔でどうしたの??と聞くことができた(笑)

だって何より息子の笑顔の方が大切だから

新しいアカウントが立ち上げることができた

たくさん見てくれる人が増えて嬉しい

嬉しいことがまた一つあった

大好き

ありがとう

素敵

など言ってもらえて とても嬉しい😍

ありがとう😍

 

 

変な希望日記になっていますが(笑)

お許しくださいませ。

 

本日もありがとうございました✨

 

また書きます^^

 

 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 

A post shared by tomoko.sin (@tomoko.sin)